駅弁の日の由来

弁当の「弁」の文字が4と十の組み合わせで出来ていて、「当」は(とう)になることから4月10日としたのです。

明治の時代より鉄道の旅の友として、多くのお客様にご利用され、親しまれてきた「駅弁」を新しい歴史の中で、これからも末永くご愛顧されるよう願うとともに、私たち駅弁屋が心新たに「駅弁」を見つめ直すことを念じ、平成5年に「駅弁の日」と定めました。